ラーラの気まぐれ日記

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
酔雲の著書












RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンター


クリックしてちょうだいね
RECOMMEND
RECOMMEND
クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス
クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス (JUGEMレビュー »)
クリフォード・ブラウン,クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス,ニール・ヘフティ
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
1871年7月16日 戻りすぎちゃったわよ

北の零年


いつの間にか、寅さん、知床からいなくなっちゃったのよ。りん子さんに振られたわけじゃないんだけどね、寅さんがりん子さんに惚れているんじゅないかって噂が広まって、寅さん、いづらくなっちゃったのね。

寅さんがいないんじゃ面白くないから、あたしも旅に出ました。今度こそ、健さんに会おうと思ったんだけど、またもや失敗しちゃいました。

戻りすぎちゃって、ジープに乗っていたはずなのに、馬に変わっているのよ。西部劇みたいでカッコいいって思ったんだけど、格好が何か変なのよ。丈の短い着物を着て、頭に鉢巻を巻いてるの。腰にはナタをぶら下げてたわ。

まあ、いいかって思って、広い草原を走っていたら、アシリカっていうアイヌの男の人と出会ってね、意気投合して、一緒に狩りをしたりして遊びました。



アイヌ民族の軌跡  アイヌ民族の歴史  知里幸恵ー十七歳のウエペケレ  知里幸恵「アイヌ神謡集」への道  手作りアイヌ文様「メノコ」  
スポンサーサイト
- | 11:29 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://larla.jugem.jp/trackback/125
アイヌ神謡集アイヌ神謡集(あいぬしんようしゅう)は、知里幸恵が編纂・翻訳したアイヌの神謡(ユーカラ|カムイユカラ)集。1920年11月、知里幸恵が17歳の時に、金田一京助に勧められて幼い頃から祖母モナシノウクや叔母の金成マツより聞いていた「カムイユカラ」を金
神話の世界 | 2007/11/30 4:16 PM